top

  • main_8-1

    Technical Japanese Association

    「産業日本語」の研究・開発・普及活動を先導する「産業日本語研究会」

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

・ 産業日本語研究会について

産業日本語に関する各界の専門家が研究交流を行う場を提供し、その研究・開発・普及を円滑に進めるため平成21年度に発足した研究会です。
産業日本語に関する研究成果や活動成果を発表・情報共有する場として、年に1回程度 シンポジウムを一般公開形式で開催しています。

・ イベント情報

New! 第9回産業日本語研究会・シンポジウム
日時:平成30年3月5日(月)13:00-18:00
場所:東京・丸ビルホール(丸の内ビルディング7階)
http://www.marunouchi-hc.jp/hc-marubiru/

ユニバーサルコミュニケーションに資する産業日本語に向けて
~グローバル化の波を越え、 人工知能の活用を促進していくために~

産業日本語研究会では、 情報発信力や知的生産性の飛躍への貢献を通じて、 我が国産業界全体の国際競争力の強化に資する日本語(「 産業日本語」と呼称します)の浸透を図るために、 昨年に引き続き「第9回産業日本語研究会・シンポジウム」 を開催することになりました。

情報を効率的・効果的に機械処理することで、 言語等の違いを乗り越え、全ての人が容易に情報の伝達・ 共有を可能とするユニバーサルコミュニケーション技術が求められ ております。そこで、今回のシンポジウムでは、 グローバル化が一層進み、 人工知能技術が実用化される時代において、 求められる日本語スキルや産業・ 科学技術文章データ活用を考えるうえで示唆に富む最新の取り組み や研究についてご紹介していただきます。

本シンポジウムが、産業日本語の更なる普及につながり、 我が国産業に大いに貢献できる機会になると期待しております。 産業界、学術界などからの、 多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

詳細は「第9回産業日本語研究会・シンポジウム」 をご覧ください。